タン・ブロ10月号

タン・ブロの担当、STAFFの優です。いよいよアメ横も秋到来です。この季節は、上野の山からアートの香りが漂ってくるようで、いい感じ。タンタンに新作を見に来てください。

アメ横からも、ビルの隙間から上野の山が目に入って来る。芸術の秋を求めて、上品系のゲストが上野駅から続々と山に向かっていく。アメ横には、こだわり系のゲストに来てほしい。マニアックな掘り出しものや他にはない輸入物がきっと見つかるディープな街だから。
今月は Shyuei、Takuya、Satoshiがシルバーアクセの魅力を発信していきます。

アメ横で産声を上げた、人気ブランド「ウィングハンズ」は、国産のインディアン・ジュエリー。タンタンとナバホ族との強い絆から生まれた凄技ブランドなのだ。


TUNG TUNGの新作ワンメイクシリーズは
ターコイズ スタンプワーク、細目のバングルだ。

 新作ターコイズ スタンプワークは、ラグ柄を刻印してある細めバングル。
KING MAN Series 三種類 各\49,800→10% OFF \44,800

  
アメ横の老舗かつ最大級の面積をもつTUNG TUNGと系列店。シルバーアクセの人気ブランドWING HANDS(ウィングハンズ)から、今月もワンメイクシリーズの新作となる、「ターコイズ スタンプワーク」という細めのバングルを発表した。
 
時計と逆手に付けたい、他のバングルと重ね付けをしたいという声があり、バングルのトレンドはいま、気軽につけられる「細目」がきている。
このスタンプワークは、ラグ柄が特徴。ターコイズを挟んでいる釈迦玉の柄入りは、コンチョボタンでよく使われるデザイン。バッグやベルトバングルに付けてあるお馴染みの形だ。
 
コンチョボタン(コンチョ)とはインディアン・ジュエリーの装飾ボタンのこと。
「コンチョ(concho)」とは、スペイン語の「貝殻」をさす 「Concha(コンチャ)」が由来だ。 それが英語発音の「コンチョ(Concho)」になった。確かに、貝殻風でもある。
 
「ターコイズ スタンプワーク」は、計5種類あるが、ターコイズとラグ柄が微妙に違う。選ぶ基準は、ズバリ「好み」(笑)。自分ならこれかな、というのを下に選んでみたけれど。
 
選ぶ動機っていうのも、様々だ。「彼女とペアで着けたい」「友人と一緒に」というのもあるが、「何か決意するとき」身に着ける、というのもいい。
ミサンガではなく、ターコイズのこのバングルを身に着けて、その決意を忘れないように、また、叶うように願をかけて常に目に入りやすい右腕に付けてやる。
 
WING HANDSなら作りが確かだから、石が外れたり、細工が壊れたりしない。ぜひ、大きな望みをこのバングルにかけてほしい。まずは選びにきてください(笑)!

KING MAN 2ct K-1 \49,800→10% OFF \44,820 幅:約9mm厚さ:約7mm(ターコイズ含む)自分で選ぶなら、この石。大人のアメカジに合いそうな表情のキングダム、あえての泥臭さがいい。
 
参考までに自前のバングルをまとめてつけると、

こんな感じだったりする(笑)。
 
さらに詳しくは、Takuyaへ。
  
ヘッドチーフ  Shyuei


WING HANDSワンメイクシリーズの魅力は、世界で1つだけのターコイズ

BISBEE 2ct B-1 \59,800→10% OFF \53,820 幅:約9mm 厚さ:約7mm(ターコイズ含む)
 

BISBEE 3.5ct B-2 \59,800→10% OFF \53,820幅:約9mm 厚さ:約7mm(ターコイズ含む)
 
「ワンメイクシリーズ」は、オンリーワンのワン。なぜなら、使用しているターコイズは、同じものはひとつもないから。石を楽しむシリーズであり、それにWING HANDSのブランドの刻印が入って、さらに価値もあがるというもの。
 
この“ビズビー”というターコイズ。2種を比べてみてほしい。
前のものには、黄味がかったスーパーブルーに、不純物としてのシルバーが、独特のマトリックスを形成している。
後のものは、深いブルーに、黒いスパイダーがみてとれる。コレクター向けで、将来の値上がりや価値を考えると、この石を選ぶというわけ。
 
でも、最後は、インスピレーション。お客様が気に入った方を選んだ方が、守りのパワーが強いかもしれない。
どうやって、丸く固めたのですが?と聞かれたことがあるが、固めたものではなく、ナチュラルな貴石だ。巨大な岩石から削り取った「採掘もの」だ。
 
アリゾナのビズビー近郊にあるビズビー鉱山は、全米で最も有名なターコイズ鉱山の一つ。ターコイズは1950年代にフェルプス・ダッジ社によって銅の採掘の際、6キロも深い地下にて、偶然発見された。現在のビズビー鉱山はすでに採掘しつくされて閉山されており、新たな鉱脈の発見は不可能といわれている。
 
だからこそ、形が良く、細かい蜘蛛の巣状のウェブをもったビズビーは希少価値が高く、宝石といって過言ではない。アリゾナ州ツーソンのジェム・ショーでは、様々なターコイズと出会えるが、インディアン・ジュエリー向きのビズビーに出会ったら、収集家に持って行かれる前に、タンタンは即決で「買い」だ。
 
いよいよ、ターコイズが欲しくなってきた貴兄、早い者勝ちなので、店頭へどうぞ!
もし、スタッフが購入していたら、叱ってやってください(笑)。お客様第一優先です。
 
秋のトレンドデザインについては、Satoshiへ。
 
ヘッドチーフ Takuya


いよいよ重厚なシルバーへと目移りする秋。「タントモンタ」を忘れるべからず!

SILVER950K18を使用した約1センチもの重厚な作りが特徴!
Tanto Monta(タントモンタ)Cross Pendant
ヘッド\82,800・ロールチェーン\25,800

 
秋になり、革のトップスに袖を通すと、似合うのはハード系のシルバーアクセだ。
自分がデザインした、タンタンのオリジナルで「タントモンタ」を勧めたい。
他にはないゴージャス&重厚な銀細工だと自負している。
 
「タントモンタ」という名前の由来は15世紀のスペイン王国誕生時にさかのぼる。
「二人は平等に」というスペイン語によるもの。
1479年アラゴンの皇太子フェルナンドとカスティリャの王女イサベル。この2人の結婚によってスペインは統一され、スペイン王国(Espana:エスパーニャ)が誕生した。その後、二人は平等(タントモンタ:Tanto Monta)の扱いでスペインに君臨したという歴史秘話をデザインに投影したのだ。
 
「タントモンタ」は、その歴史そのままに、両面にデザインが施されているリバーシブル・ペンダントとして生み出された。
片面(写真左)は中央に18金の帯、in Crossの百合は3段の立体造形である。
 
もう一方の面(写真右)は、ゴージャスな百合のデザイン。18金をワンポイントで使った、いぶしの利いた重厚感あるクロス。両面を平等にヘッドとして使えるのだ。
 
デザイナー冥利に尽きる仕上がりだが、タンタンのシルバースミス(銀職人)でなければ、ここまできれいなラインを刻めなかったはず。
 
この「タントモンタ」は、お客さまから、TPOに合わせて使い分けができ、初心者から上級者まで楽しめると、愛されてロングセラーとなっている。
デザイナーの想いが刻まれた逸品と胸を張ろう。
   
デザイナー Satoshi


 
 
 
▲Page Top