タン ・ブロ2016年 12月号


タン・ブロの担当、 STAFFの優です。

連日、クリスマス気分で浮き立つ今日この頃。寒さが日一日と増していきますね!
そんななか、タンタンに大きな嬉しいニュースが2つ!
まずは、タンタンのシルバーアクセサリーが買える新サイトがオープンしました。
これまでも公式サイトはあったのですが、いまいち存在感薄め。サイト上で買い物ができなかったためです。全国のタンタンファンからの、「アメ横に行かれないけどタンタンのシルバーアクセを選びたい」という声に後押ししてもらいました!
そのため、この2016年末、満を持しての全力サイトがオープンしました!サイトで選んでもらえたら、全国送料無料でお届けするので、どんどん利用してください!!!

http://www.tungtung.jp/

雑多なエネルギーに満ち溢れた国際色豊かなアメ横にあり、シルバーアクセの老舗として信用の厚いタンタン。お待たせしました!御徒町により近い立地で新店舗オープンです。

【tungtung御徒町店】
住所 台東区上野6-4-4
電話 03-3834-2377(線路高架下ビル”ウェルカムモール”内、御徒町駅より徒歩3分)

開店セールで海外買い付けものも充実しているから、ぜひ1点ものを探しに来てください!
まずは、Shyueiチーフから、「FONTAINE BLEAU(フォンテーヌブロー)」をご案内します!


今回は、BLACKEN RICHの、新顔として登場した!
FONTAINE BLEAU(フォンテーヌブロー)百合バージョン。

ペンダントトップ(写真は同じものの表裏)
タテ45mm×ヨコ26mm×厚さ12mm
¥55,800

開運効果があり、何より品格があると人気の馬蹄モチーフ。

このペンダントトップをなぜ、馬蹄のシルバーアクセにフォンテーヌブローと命名したかというと、世界遺産フォンテーヌブロー宮殿に由来するから。
この宮殿には、馬蹄型の階段があることで有名だ。宮殿の中心にあたる白馬の中庭に面した、この馬蹄形の階段は、ルイ13世の時代に改築されたもの。ナポレオンがエルバ島へ流される際に兵士に別れを告げた場所だという。

新作のリバーシブルタイプの馬蹄ペンダントヘッドの中央には、ヨーロッパの王家の紋章である百合のモチーフをあしらった。
表の馬蹄には唐草、百合クロスの上下、中心には18金。本格志向の大人のゴージャス感を醸し出している。
裏は馬蹄に釈迦玉、中央にある百合の正統派モチーフが実に高貴だ。
馬蹄モチーフは開運モチーフとされているから、ナポレオンが島流しになる際には、身の安全を祈り、ここから出発したのだろう、などと、アメ横から歴史ロマンに思いを馳せつつ。

次は、STAFFの優から、着用リングと馬蹄について。



蹄鉄はなぜ幸運のお守りなのか。

17世紀の西欧の都市では、多くの家の玄関に古蹄鉄が飾られており、幸運の象徴だったそうだ。由来は、「U字型」で幸運を受け止めるとも、「馬蹄を付けた馬が幸運をかき集めるから」などとも、言われている。特に、イタリアでは、村人は権力者の馬の蹉跌の仕事で収入を得ることができたため、蹉跌は収入を得るシンボル。
そのため、古来より、ヨーロッパでは馬蹄を幸運のお守りとして、玄関に飾って家運アップを祈念したという。
他には、蹄鉄を打ち付ける時の釘の数が、外側に3つと内側に4つ開けられていて、合わせて7つで幸運のラッキーセブンという説もあるのだ。

最後にご挨拶。
本格派シルバーアクセにとことんこだわり、フェザーブームが去っても、ナバホ族との約束を守り、WINGHANDSブランドとして本物のフェザーモチーフを推し続けてきた、芯の強いシルバーアクセショップ・アメ横のタンタン。いつの間にか、アメ横の老舗となり、最大店舗を誇れるようになりました。
2017年は、タンタンからの情報が沢山皆さまの元に届くようにしていきます。リニューアルしたサイトやこのブログにちょくちょく遊びに来てください!
これからもどうぞご贔屓にお願いいたします。

▲Page Top

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。