タン ・ブロ 2016年2月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。いよいよ立春、とはいえ寒い毎日が続いていますが、お元気ですか?
さて 2月といえばバレンタインデー!アメ横にはアメリカ製から二木の菓子までチョコレートの種類が豊富にあるから、女性のお客様が多くなる時期なのです。
我らタンタンにとってバレンタインデーといえば、恋人へペアのシルバーを贈る日!そう決めています(笑)。
ぜひタンタンへ、お揃いのシルバーを探しに来て下さい!オシャレなペアリングやペアブレスの種類が豊富です。

  
今回は、20年来タンタンで売れ筋のベストセラー・シルバーを紹介したい。
それは、BLACKEN RICH(ブラッケン・リッチ)ウォッチブレス。Shyueiチーフがタンタンの店頭に初めて立った時…約15年前から、そこそこ売れていたというから凄い!一度身につけると、とことんまでシルバーでキメてやる!というハードなスイッチが入る、この不思議なシルバーについて。まずは、Shyueiチーフから。
 

本物のシルバー好きの本能を揺さぶるハード系ウォッチブレス


ユリ(プレーン)フタ付き:\118,800→10% OFF \10% OFF\106,920
サイズ: ベルトの長さ:215mm/時計:H65mm×W43mm×D22mm
  
ウォッチブレス 各種はこちらをご覧ください!
 
このウォッチブレス、別名はウォッチケース。中に入っている時計はクォーツのデイト。
10気圧の防水付きだから、生活防水機能はバッチリだ。このウォッチブレスの人気に火が付いたのは、自分が気に入った時計と自在に変更ができるということから。
サイズがぴったりだから、ロレックスのメンズタイプと変えることができるのだ。
 
シルバーは、スターリングシルバー (sterling silver)。銀の含有率950 パーミル( 950 パーセント)と重厚な本格派。蓋無しと蓋付きがあるが、最初に蓋無しを購入しても、どうせなら、蓋付きのボリュームあるシルバーをと、買いかえるシルバーファンも多い。
 
ハード系モチーフの代表格、百合の紋章が時計部分の天地と留め金に付いている。その上で、チェーンが3パターン。極太のベルトチェーンなのだが、プレーン、百合粒付き、百合プレート付があるのだ。
 
紋章の百合は、フルール・ド・リスといって、ヨーロッパの紋章や旗に何世紀にもわたって使われている由緒正しいモチーフ。特にフランス王家の象徴だ。それは、16世紀末から18世紀までのフランスを支配したブルボン家に紋章として使われていたことから。
 
ブルボン家とは、あの断頭台の露と消えた、マリーアントワネットの夫、ルイ16世で終焉した王権のこと。フルール・ド・リスは、宗教的には聖三位一体を顕し、特に聖母マリアに受胎告知した大天使ガブリエルを象徴する図像としても使われているという。
 
その百合の紋章がオシャレに進化して、こうしたウォッチブレスとなることで、ハーレー乗りやミュージシャンなどコアなハード系のシルバーファンに身に着けられることが洒落ているし凄いし面白いと思う。Shyueiから、さらに、熱く語りたいSTAFFの優へ。
 

ユリ(プレート)フタ付き:\138,800→10% OFF \124,920
時計をガードして、蓋を開けなければ、ハード系ブレスとして使用できる。


ウォッチブレスはカジュアル感覚に着けてもオシャレなのだ。


最近の細いバングルでは物足りなかった方へ
1個で様になる迫力あるウォッチブレス。
 
探しても案外見つからないのが、オールシルバーのウォッチブレス。輸入ものだと、サイズ調整が難しい。でもタンタンなら、時計の交換もサイズ詰めも店頭でできるから「安心してください!」
 
自分はやせ形だし、バイクに乗らないけれど、蓋付きのブレスは愛用している。店頭にいても時間が分かるし、バシッと目立つしで気分が上がる。カジュアルな服でも、この個性的なウォッチブレスをワンポイントに決めれば、オシャレ感がグレードアップするはずだ。
 
先ほど百合モチーフ3種×蓋付き蓋無しの6種類をチーフが紹介したけれど、あと2種。ハートモチーフ1種×蓋付き蓋無しがある。計8種!ハートは女性的なデザインと思われがちだが、男性が着けても様になるのは、ハートが立体的で、ツタのモチーフが造形的に彫ってあるがゆえ。
 
15年間店頭で売れ続けているこのウォッチブレス。ベストセラーには訳がある。本物のシルバー好きに愛されたのは、ここまでシルバーを沢山使ったバングルはそうはないから。
華奢なバングルではつまらない。タンタンのウォッチブレスで存在感ある男を目指したい。
 
STAFF 優
  

ハート(プレーン)フタ付き:\118,800→10% OFF \10% OFF\106,920男気ハート、ここにあり!


 
 
▲Page Top

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。