タン・ブロ 2017年10月号

雨の多い秋ですね!気持ちが暗くなるところですが、アメ横は、パンダの赤ちゃんのシャンシャンがあちこち飾ってある可愛い街になっています。12月にお披露目されて、街がますます賑わうといいなと思う、タン・ブロ担当、STAFFのSATOSHIです。

タンタンは、秋冬になるとハード系のジュエリーがじわじわと人気アップ。
秋になり革ジャンをはおり、ごついベルトやエンジニアブーツを履くと、シルバーもボリューム感が欲しくなるため、ハード系が主役に躍り出ます。
タンタンには、すでに20年以上も売れ筋のハード系人気ブランド“ブラッケンリッチ”があります。久々の新作をご紹介させてください。

新作以外でも、スタッフにご指示いただけたら、ブラッケンリッチの数々をお探しできますから、気軽に声かけお願いします。ちなみにスタッフはハード系に見えますが、中身はみなソフト系で優しいですよ!

http://tungtung.jp/

五芒星と馬蹄の組み合わせ。これぞ2018年に向けての開運リングで決定!

ブラッケンリッチの新作 フォンティーヌブローリング(スター)¥43900-
縦:22mm サイズ:#17 #19 #21 #23 その他サイズはオーダー可能。

いま、スケートのテーマを陰陽師として、羽生結弦選手が4回転ルッツを飛び、話題沸騰だが、天才陰陽師・安倍晴明をご存知だろうか?

安倍晴明(920-1005)は、孝元帝(こうげんてい)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の御後胤で、朱雀帝から村上、冷泉、円融、花山、一条の6代の天皇の側近として仕えられ、数々の功績をたてたことで知られている。

安倍晴明は、我が国の陰陽道の祖として広く世の中の尊敬を集め、「晴明公にお祈りすれば、不思議な霊の利益を受けることができ、さまざまな災いから身を守り、病気や怪我が治る……」などなどと、平安時代より多くの人々に語り継がれているのだ。
安倍晴明のシンボル(晴明印=セーマン)が「五芒星」。「陰陽五行説(木・火・土・金・水)」の5つの元素の働きの相克を表したもの、五行の象徴として、この五芒星の紋を用いたといわれている。京都の晴明神社の鳥居には、「晴明神社」とは記載されていない。
「☆」(五芒星)の印のみが掲げられているほど、安部清明といえば五芒星と、認識されているのだ。陰陽道では魔除けの呪符として伝えられている。

この五芒星は、インディアンジュエリーのモチーフでもある。その起源は、紀元前3000年頃のメソポタミアの書物にさかのぼる。ワンスターともペンタグラムとも呼ばれ、世界中で魔術の記号とされ守護に用いられる。時に、上下を逆向きにして悪魔の象徴としてとらえる際には、デビルスターと呼ばれることもある。「五芒星」はパワーに満ちた黄金律のスターデザインなのだ。

この五芒星をこちらも魔除けのラッキーアイテム馬蹄とミックスし、世界遺産フォンテーヌブロー宮殿に由来するネーミング、フォンテーヌブローとして、おしゃれリングにしてしまうのが、タンタンの銀職人の遊び心。

シルバー950という驚異の銀含有率で、ウォッチカバーを作ってみたら。

新作ブラッケンリッチ・ウォッチブレス WBL-30 ¥158,800-
ベルトの長さ:215mm※調整可能

じわじわとずっと売れている、そんなブラッケンリッチの定番に、ウォッチカバーがある。
流行った当初は、自分のロレックスをシルバーのカバーにすっぽり収めて時計を守り、かつ惜しげもなくガンガン着用どこまでも、というハード・バイカーに支持されていた。

その定番に久しぶりに新作登場。時計部分には、シルバーのケースを付けず、手持ちの時計のベルト部分をブラッケンリッチのクロスモチーフのベルトに変更できるというデザインになっている。手軽さがよく、本格派のシルバーファンにも評判は上々だ。
これならばバイク乗りでなくても、ブレスレット代わりに付けられて、おしゃれアイテムとして普通に楽しめるというもの。

ブラッケンリッチはデザインから銀の加工まで、こだわりの銀職人の精巧な技術が光ることから、信頼が高いブランド。銀含有量の高い、シルバー950を使用している。
このウォッチベルト、差し込み式のダブルロックに仕立てたところなど、使い勝手の良さや時計の紛失を防ぎたいという思いから工夫されたものであることを、特に記しておきたい。

タン・ブロ 2017年8月号

お久しぶりです!タンタンブログを再開します!
アメ横プラザのリニューアルや新店オープンでブログの更新が間に合わず、
長い間お待たせしました!

タン・ブロの新担当、 STAFF の SATOSHI です。

ここアメ横は外国人の数がますます多くなり、相変わらず昼も夜も大賑わいです。
意表をついた海外の逸品が店頭に流れ着いたりする街なので、宝探し感覚で国内外から遊びに来てくれるお客様が多いですね。
いまタンタンは、アルバカーキから直買いのお宝ターコイズで大賑わいです。
スタッフに声をかけてくれたら、現地選り抜きのナバホ族デザイナーのものが奥から出てくるのがタンタンの魅力!将来、値があがること必至なので、ぜひ選球眼(?)を磨きに、気軽に覗きにきてください!

今回の目玉の1つ、キングマン・ブラックウェブ。このハイレベルで、小)28,400 円~とは。タンタンがいい石を半値近くで売れるのも直買いならでは。

http://www.tungtung.jp/

今回、最初に訪れたのがターコイズの本場ニューメキシコ州アルバカーキ。買い付けの旅はオンリーワンに輝くインディアンジュエリー、貴石との出会いを求めての旅。1日およそ150マイルを疾走し、漆黒の闇のなかたどり着いたモーテルで倒れるように眠る日々が続く。

空港からはインディアン居留地を目指して、ルート 66 をひたすらドライブ。最初の驚きの出会いは、タンタンが昔から取引のある、ニューメキシコ州にある秘密の倉庫でのことだった。
空港から走って 2 時間、お目当ての店に到着。我々が通されたのは、地下の巨大倉庫だった。

倉庫に広がるバケツの山、その中にはゴロゴロと掘り出された鉱石が積みあがっていた。
なかには研磨されて、複雑な色合いのターコイズブルーに輝きだした石もあった。分別されているバケツを思わず覗き込む。

まさに、お宝以前。こんな山のような原石のなかから、どうやって選別して、どれほどの時間をかけて研磨されて、逸品のターコイズが発見されていくのだろう。気が遠くなる・・。
ヒトというのはどこまでも貪欲である。先にあげたブラックマン・ブラックウェーブ。
人気の石で店頭にあれば瞬く間に売れていた。しかし、今では、その色の濃さや艶、ウェーブの美しさまで、冷静に選ぶようになっている。同時に、これまでなかったようなターコイズを探し始める。目の肥えた、あるいは、すでにたくさんターコイズを手に入れている成功者たちの前に差し出したい、今回の新しい視点での掘り出し物はこれ!

見るからに洗練!かつてないおしゃれ感、女子も絶対好きというこのターコイズは、ドライクリーク。グリーン・ブルーがかった優しい貴石だ。ネバダ州産、希少ゆえに、市場へ多くは出回っていないものだ。3種とも 39,400 円!嘘でしょうのお値段(笑)

http://www.tungtung.jp/

途中、かつてはゴールドラッシュならぬ、ターコイズラッシュで鉱夫たちを載せて何往復もしたであろう、ターコイズトレイル・トレインを見かけた。お宝を掘りつくしてしまい、鉱山はすでに閉山へ追い込まれてしまったらしい。

ようやく、次なる目標の地、ニューメキシコ州北部に位置する州都、サンタフェに到着。
「アメリカの宝石」と呼ばれ、歴史的な街並みや建築物を残した観光都市で、芸術家が多く住んでいることで知られる。宮沢リエちゃんが最初で最後のヌード写真集を撮った地として、日本では知られている。

赤土を固めた独自の建築を眺めていると、魔除けの大きな赤い鷹の爪のオブジェを軒先でよく見かけた。また、多くのネイティブインディアンが独自のルートで仕入れたインディアンジュエリーを売っていて、量・質ともに、類をみない優れた作品がたまに混じっているから見逃せない。

しかし、タンタンはこういった路面では仕入れることはない。観光客相手に販売されているものには興味はないのだ。ネイティブインディアンからの独自のルートで仕入れたものが、以下の2種だ。

ボリューム感たっぷりのナバホ族の刻印があるスタンプバングル。定番に飽きたお客様向け。リアルシルバーでこの重厚感は、88,400 円。現地でも 10 万円を切ったという話はきかない。

http://www.tungtung.jp/

実は、前回見つけて大好評だったグリーンアンバー。今回はこいつを仕入れるという目標もあった。店頭で売れ行きが良く、再訪したお客様はすでに買うことができず、次の約束できない仕入れまで待つ!と言ってくれていたのだ。より立体的で、より深みがあり、周りの細工が繊細なグリーンアンバー(緑琥珀)を仕入れることができた。小)28,400円~という早い者勝ち価格!もちろん、全部1点もの。

http://www.tungtung.jp/

これを入手して、ようやく我々のインディアンジュエリー探検の旅は終わった。日焼けして、日本人なのかインディアンなのか判らない面構えで帰国。
ほかにもたくさんの掘り出し物を仕入れたので、店頭でぜひ、スタッフから出して見せてもらってください。いまなら、ほやほやの逸品揃い間違いなし。この手でザクザクお宝をつかんできた!お待ちしています。

タン ・ブロ2016年 12月号


タン・ブロの担当、 STAFFの優です。

連日、クリスマス気分で浮き立つ今日この頃。寒さが日一日と増していきますね!
そんななか、タンタンに大きな嬉しいニュースが2つ!
まずは、タンタンのシルバーアクセサリーが買える新サイトがオープンしました。
これまでも公式サイトはあったのですが、いまいち存在感薄め。サイト上で買い物ができなかったためです。全国のタンタンファンからの、「アメ横に行かれないけどタンタンのシルバーアクセを選びたい」という声に後押ししてもらいました!
そのため、この2016年末、満を持しての全力サイトがオープンしました!サイトで選んでもらえたら、全国送料無料でお届けするので、どんどん利用してください!!!

http://www.tungtung.jp/

雑多なエネルギーに満ち溢れた国際色豊かなアメ横にあり、シルバーアクセの老舗として信用の厚いタンタン。お待たせしました!御徒町により近い立地で新店舗オープンです。

【tungtung御徒町店】
住所 台東区上野6-4-4
電話 03-3834-2377(線路高架下ビル”ウェルカムモール”内、御徒町駅より徒歩3分)

開店セールで海外買い付けものも充実しているから、ぜひ1点ものを探しに来てください!
まずは、Shyueiチーフから、「FONTAINE BLEAU(フォンテーヌブロー)」をご案内します!


今回は、BLACKEN RICHの、新顔として登場した!
FONTAINE BLEAU(フォンテーヌブロー)百合バージョン。

ペンダントトップ(写真は同じものの表裏)
タテ45mm×ヨコ26mm×厚さ12mm
¥55,800

開運効果があり、何より品格があると人気の馬蹄モチーフ。

このペンダントトップをなぜ、馬蹄のシルバーアクセにフォンテーヌブローと命名したかというと、世界遺産フォンテーヌブロー宮殿に由来するから。
この宮殿には、馬蹄型の階段があることで有名だ。宮殿の中心にあたる白馬の中庭に面した、この馬蹄形の階段は、ルイ13世の時代に改築されたもの。ナポレオンがエルバ島へ流される際に兵士に別れを告げた場所だという。

新作のリバーシブルタイプの馬蹄ペンダントヘッドの中央には、ヨーロッパの王家の紋章である百合のモチーフをあしらった。
表の馬蹄には唐草、百合クロスの上下、中心には18金。本格志向の大人のゴージャス感を醸し出している。
裏は馬蹄に釈迦玉、中央にある百合の正統派モチーフが実に高貴だ。
馬蹄モチーフは開運モチーフとされているから、ナポレオンが島流しになる際には、身の安全を祈り、ここから出発したのだろう、などと、アメ横から歴史ロマンに思いを馳せつつ。

次は、STAFFの優から、着用リングと馬蹄について。



蹄鉄はなぜ幸運のお守りなのか。

17世紀の西欧の都市では、多くの家の玄関に古蹄鉄が飾られており、幸運の象徴だったそうだ。由来は、「U字型」で幸運を受け止めるとも、「馬蹄を付けた馬が幸運をかき集めるから」などとも、言われている。特に、イタリアでは、村人は権力者の馬の蹉跌の仕事で収入を得ることができたため、蹉跌は収入を得るシンボル。
そのため、古来より、ヨーロッパでは馬蹄を幸運のお守りとして、玄関に飾って家運アップを祈念したという。
他には、蹄鉄を打ち付ける時の釘の数が、外側に3つと内側に4つ開けられていて、合わせて7つで幸運のラッキーセブンという説もあるのだ。

最後にご挨拶。
本格派シルバーアクセにとことんこだわり、フェザーブームが去っても、ナバホ族との約束を守り、WINGHANDSブランドとして本物のフェザーモチーフを推し続けてきた、芯の強いシルバーアクセショップ・アメ横のタンタン。いつの間にか、アメ横の老舗となり、最大店舗を誇れるようになりました。
2017年は、タンタンからの情報が沢山皆さまの元に届くようにしていきます。リニューアルしたサイトやこのブログにちょくちょく遊びに来てください!
これからもどうぞご贔屓にお願いいたします。

▲Page Top

タン ・ブロ2016年 5月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。
 
初夏の気分がいい天気が続きますね!ついつい遊びに出かけたくなる毎日です。
アメ横には、夏物に着替えたい若者や、昼間から盛り上がりたい旅行客、それと関係なく馴染みのお店に足を運んでくれる人など、様々な人が闊歩しています。店のバラエティも豊かで、行き交う人も国際色豊かなアメ横。
 
タンタンのシルバーのお客様も年齢、性別、国も様々…。でも、ここだけにしかないシルバーを探しにずっと通ってきてくれるお客様が多いのは、胸を張りたいし、心から感謝です!

今回は、『タンタン、そこまでやるの?』と常連のお客様も驚くウィングハンズの新作が出ました!精巧なトマホークがどのように使われたか、ぜひご注目いただきたい。
 
指紋を失うほど銀細工に没入し、その匠の技に世界もざわつくというWINGHANDSの銀職人ならではの技ありのデザイン!
 
そして、Shyueiチーフもお気に入りという、インディアンの精霊ココペリがなんと10Kになって進化しました!
 
2016年WINGHANDSはこの夏も攻めの一手!ぜひタンタンの挑戦をご覧に、店頭へ来てください。
まずは、Shyueiチーフから、「ビズビー×トマホーク」を。


ビズビー×トマホークのデザインは、世界で一つ、真のワンメイクなのだ。


トマホーク リング:\148,900→10% OFF \134,010ビズビー18ct、サイズ:約H20mmの迫力だ!
 
TUNGTUNGはインディアンの聖地で他にはないターコイズを入手する。日本で人気の高いビズビーのここまで状態がいいものがタンタンに存在するのも、ひとえに現地買の賜物だ。
 
スーパーブルー!と称される青い宝石、ビズビーは、アリゾナのビズビー鉱山で
採れたもの。でも、現在は閉山されてしまった鉱山なので、入手は大変困難だ。
今やコレクターや現地の元抗夫などが所有していたビズビーがぼちぼち流通している程度。でも、世界的な人気は高まるばかり。
 
内側から青い耀きがあり、きめ細かい蜘蛛の巣状のウェブをもったビズビーはとても希少だ。形が良く大ぶりなものはなおさら。
TUNGTUNGはこのビズビーに最大限の敬意を捧げる意味もあり、WINGHANDS
ブランドならではの職人技、トマホーク(斧)で石留を施した。
 
注目してほしい。トマホークは縄止めをモチーフにして固定してある。これは、インディアンが木に斧を括り付けていたものをモチーフ化したものだ。ベースのリングの土台には、タガネを打ち付けたモチーフを飾り、アポロコンチョを立体的にロウ付けした。
 
あえての「やり過ぎ感」、ここまで「やっちゃう」、その通り。
コアなものを探しにアメ横に来てくれるタンタンのお客様への最大限の賛辞。
それをこのトマホークにて捧げたいと思っています。しかもシリーズで出したことを誉めていただきたい!

BISBEE トマホークシリーズ リングの他には、トマホーク ペンダントヘッド:\168,800→10% OFF \151,920、トマホーク バングル:\258,800→10% OFF \232,920めちゃめちゃ、コアです!!!
 
次は、自分が気に入っていることをちゃっかり見抜いた、STAFFの優から
ココペリニュースをお届けします。
 

NEW精霊ココペリがまさかの10Kに。価値UP、美しさ倍増だ!


ココペリ Kingman Black Web:\118,800→10% OFF \106,92010?のココペリ×キングマンのレアものがコラボ
 
春に新発売して以来、探しにきてくれるお客様が多い、WINGHANDSの新作モチーフ、ココペリ (Kokopelli) 。だったら、ありがたさ倍増の10Kにしよう!とバングル及び、ペンダントヘッドにしてしまった・・・というわけではなく、貴重な金ゆえに慎重に仕上げていたため、タイムラグができただけ、と言うのが真相です!
 
金は埋蔵量も少なく、人が作り出せない金属。光り輝く価値の高いもの。近年、?金の価値はうなぎのぼりだという。
前号ご紹介したココペリは、笛を吹くことで豊作・子宝・幸運などをもたらしてくれるアメリカ・インディアン、ホピ族の精霊。猫背で笛を吹く姿も可愛い豊穣の精霊だ。
 
このココペリとともに、アンティーク加工のブレスレットに輝くのは、キングマン・ブラックウェブ ターコイズ。
 
アメリカ一番の採掘量を誇るターコイズ鉱山のキングマン。でも、鮮やかなブルーで硬度がある、スパイダーウェブがきれいに入っているものはごく少量しか採れないという。
なかでも、現地のインディアンジュエリーアーティストたちに非常に人気が高いものが、キングマンブラックウェブ。
 
アンティーク加工の黒っぽく渋い土台のシルバーに鮮やかに映えるターコイズとココペリ、これ以上ない自慢の逸品といえるだろう。夏に日焼けした腕のワンポイントに!
 
下のペンダントは10Kのペンダントヘッド。もし、男性がバングル、恋人がこのペンダントヘッドなどといった、ペアデザインを付けているカップルがいたら、それは相当に選球眼がいいカップルだ。
 
絶対かぶりはない。なぜなら、このデザインはWINGHANDSの刻印オリジナル、そして、もちろんターコイズという石は世界で同じものはひとつもないから。
 
大きな実りある未来のために、店頭に二人で来て、選んでほしい。
 
 

五穀豊穣の神ココペリ。K10 ココペリ ペンダントヘッド\45,800→10% OFF \41,220
 

 
 
 
▲Page Top

タン ・ブロ2016年4月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。
サクラさくら桜~!上野の山は桜景気で盛り上がっていますが、アメ横も一緒に盛り上がろうとしています(笑)。新入学生、新入社員も街を闊歩して勢いあるし。
花見からゴールデンウィークに向けて、毎日ソワソワするのは自分だけでしょうか?
シルバーはようやく旬の時期を迎えます。
}T-シャツにライダーズJKや、ロンTにミリタリー、ダンガリーシャツといったアメリカンカジュアル、今どきに仕上げるのはシルバーですね!
男のおしゃれの決め手になる、存在感たっぷりなシルバーを今月もご紹介します!

今回は、ウィングハンズの新作をご紹介したい。ココペリとサンダーバードという個性的なキャラクター×ターコイズの1点もの、世界に1つだけのアイテムばかり。
このキャラクターたちは伝統的なインディアンの祈りモチーフであり、ターコイズは
魔除け的な意味合いを持つ。だから、身に着けていると、元気と勇気が湧いて来るのは、自分だけだろうか?お守りよりもスゴイパワーを感じてほしい。
2016年春のWINGHANDSは攻めの姿勢で新作を登場させていくので、ぜひちょくちょく店頭を覗きにきてください。
 
まずは、Shyueiチーフから、ココペリの世界へ。


インディアンの精霊 可愛いココペリブラック仕上げで渋めアレンジ。


WINGHANDSの新作、ココペリシリーズは可愛いだけではないアンティーク仕上げ。
 
この春のWINGHANDSの新作モチーフのひとつ、ココペリ (Kokopelli) 。
実は、タンタンでもずっと人気のあるキャラクターなのだ。
 
ココペリはアメリカ・インディアン、ホピ族の精霊の1柱。猫背で笛を吹く様子がなかなか可愛いが、豊穣の神(男神)、五穀豊穣の神である。ネイティブアメリカンによって古来から描かれ、現代の人々にもその信仰はひき継がれている。
 
ココペリが笛を吹くことで豊作・子宝・幸運などをもたらしてくれるため、おしゃれなだけではなく、ラッキーアイテムとして楽しんでほしい。WINGHANDSとしては、この
ココペリを大人感覚の黒っぽいシルバーアクセに仕上げてみた。
 
サイドをたがねで打ち付け、細かくニュアンスをつけてある。味わい豊かなアンティーク調は他にない。可愛くなりがちなココペリの独特な存在感が浮き彫りになるように感じる。
 
ここに、1点もののターコイズであるキングマン ブラックウェブをあしらった。
キングマン鉱山はアメリカの中でももっとも大きな鉱山のうちの一つ。ここから採れるキングマンは、濃く美しい青にスパイダーウェブが美しい。
 
今回選んだ深い青にブラックウェブが細かく入ったものは、高価でかつ希少なものだ。
ターコイズにもネガティブなエネルギーを払いのけて願いが叶うパワーがある。
この逸品を身に着けることで、世の荒波に飲み込まれない勢いある男〈女性にもおすすめ!〉でいて欲しい。
 
さらに、お勧めのキャラクターは、スタッフ優へ!

ココペリ × KING MAN BLACLK WABバングル:\158,800→10% OFF \142,920


インディアンの雷神鳥サンダーバード。強め金モチーフで存在感強め。


WINGHANDSの新作サンダーバードとブラックウェブのコラボシリーズ
自分が気になる新作モチーフは、サンダーバード (Thunderbird) 。インディアンが進行する架空の巨大鳥で、カナダ西海岸部やアメリカンインディアン部族の間に伝わる雷神鳥だ。
 
大きさは5m弱の鷲。雷の精霊で自由自在に雷を落とすことができるため、獲物も雷で仕留める。複数の部族の様々な神話に存在する鳥だが、雷と関連する巨大鳥であることが共通点だ。このペンダント、可愛くないですか?でも本当は怖いところがいいんです(笑)。
 
WINGHANDSは、このサンダーバードをバングルでは金にして打ち付け、さらに矢じりモチーフをあしらって、強めに仕上げてある。キングマン ブラックウェブとの相性も何気にいいのは、銀職人の技ありなところ。
 
店頭でこの細かい技とサンダーバードをぜひ、手に取って来てほしい。スタッフとしては、一目で雷に打たれたように好きになってもらい、腕に巻いて帰ってほしいけれど。お待ちしています!
 
WINGHANDSからお宝登場!久しぶりに、Takuyaチーフへ

左)リングにも矢じりのクロス。この繊細さはWINGHANDSの銀職人の匠の技。右)金のサンダーバードをバングルにあしらった。煌きと存在感はさすが!
 


凄いの来ました!WINGHANDSが勝負をかけたアパッチブルー!


アパッチブルー 超特大ペンダントヘッド:\458,800→10% OFF \412,920サイズ:約H65mm×W38mm×D10mm(バチカン含む)※チェーン別売
 
本場買い付けで勝負するTUNGTUNGならではのでっかいターコイズをそれにふさわしい2つ重ねの台座でアレンジしたので、ぜひ注目してください!
 
アパッチブルーは濃いブルーに黒いマトリックスが入り、その上に赤茶のマトリックスが薄っすら覆うように入った美しいアパッチブルー ターコイズ。艶、透明感も抜群だ。
 
アパッチブルーというのは、2003年、ネヴァダ州ミネラル郡のキャンデラリア山脈で発見された比較的新しい鉱山。
 
ネバダ州トノパの近郊、キャンデラリア・ヒルにある小さなアパッチブルー鉱山は一度閉山され、2003年頃から再開された。
 
今回ペンダントにしたハイグレードなアパッチブルー。台座デザインにも技あり。
2段の枠で、サイドを糸ノコで抜いている。石留には歯をかぶせてあり、どこまでも丁寧だ。
 
ありふれていない、他にない。創造性が振り切っている感じ。希少性の高い大きなワンメイクの石は、2016年早々なのに年間1位かもしれないリッチなグレイドだ。
 
ぜひ、本物志向でターコイズにこだわりのあるお客様に捧げたい、自信の1本。
さあ、我こそはと思ったあなた、タンタンでお取り置きください!!
 

 
 
 
▲Page Top

タン ・ブロ2016年3月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。
上野の山を見上げて、桜を待ちかねるこの時期は、アメ横にマスクとサングラスのお客さんが増える時期。みなさん花粉症大丈夫ですか?自分はくしゃみや鼻のグズグズを感じても、これはちょっとした風邪、ということにして、意地でやりすごします。花粉症と認めたら負け、くらいの勢いで。でも、マスクマンには優しく接する自分たちです!ぜひ、店へ春のシルバーを探しに来てください。胸にバシッと新作を決めて、花粉症などぶっとばす気合で前へ進みましょう!

今回は、ファザー好きには必見の情報。フェザー×赤ビーズの決定版アイテムをご紹介したい。最近、フェザーには赤ビーズでしょう!しかも、ロングでしょう!!という流行がある。拡散したのは、エグザイルかジャニーズか・・・ありがとう。
フェザー×赤ビーズはネイティブの昔ながら、定番の組み合わせではあるが、長め赤ビーズや、大ぶりなフェザーの存在感はかつてないトレンドだ。
まずは、Shyueiチーフから、フェザーの新たな顔と魅力をお伝えしたい。


フェザーには赤ビーズ、しかもロングタイプでなら自慢できる。


〈参考セットA〉赤ビーズ(ホワイトハート)×鹿紐セット:\84,200→10% OFF \75,780
 
春には、ぜひ、シルバーアクセをカジュアルに付けて欲しい。
そこでおすすめしたいのは、フェザーだ。最近、一巡して新しい風がフェザーに吹いている。特にお勧めなのは、レッドビーズのロングに大フェザーを組み合わせたもの。
 
3枚のフェザーをバラに組んでアクセントにしたセットA。
なぜ3枚でここまでの存在感があるかというと、フェザーの大きさが半端ないから。
長さが75mmで、幅が16mmとかつてない大きさだ。しかも裏までも精巧な刻みがはいっている新作で、イーグルのフェザーが風になびく様までも表現している逸品だ。
 
使用したレッドビーズはホワイトハートという。素材はガラスで中心部が白いのが特徴。
一点一点、職人の手によるハンドメイドアイテムで、作り手による手作りの温もりが感じられる希少なレッドビーズだ。
 
ビーズの2か所にラグ柄の合金ビーズを組み込みアクセントにしてある。
ネイティブのデザイナーはこの合金ビーズをブレスレットやウエアに縫い込んだりしてよく使う。フェザーと合わせるとネイティブ感は半端ない。
 
下のセットBは、大フェザーを鹿皮ヒモ〈ディアスキン〉でメディスン・ホイール(ネイティブの薬師のカバンの留め金がモチーフ)に通して組んだデザインもおすすめだ。
ヒモで長めに調整し、下の方に、羽が重なり過ぎないように調整した。長めだから女性でも抵抗なくフェザーを身に着けてもらえるはずだ。
さらに、お勧めのフェザーの楽しみ方があるという、スタッフ優へ!
  

〈参考セットB〉赤ビーズ(ホワイトハート)×ホイールセット:\101,200→10% OFF \91,080
 

早い者勝ち!ターコイズヒーシーネックレスは赤ビーズ×大フェザーと組み合わせたい


いまタンタンの店頭で豊作といえるのは、アリゾナ州から直輸入のヒーシーネックレスだろう。すべて1点ものなので、売れてしまったら同じ石、同じデザインは入手困難だ。
 
気にいった石は目が合ったら手に取り即買いを強くお勧めする。
なぜならば、さり気ないネックレスながら、ターコイズ自体が、人気の石ばかりなのだ。
  

アリゾナ州買い付け 一点モノ ターコイズヒーシーネックレス4種類!8,400円~
 
例えばギザギザ感のあるスリーピングビューティは、鮮やかなブルーの天然ターコイズ。
ブルーやホワイト、シルバーなど色々な表情をみせてくれる貴石だ。
キングマンはいびつな丸型。中間的な空の色から濃い青、時々緑っぽい色もあり、バーズアイと呼ばれるスパイダーが入っている事も。
 
人気が高く、開運効果もあるターコイズは、こういったネックレスのタイプなら、お手頃価格で身に着けることができる。細いから、上の写真のように、レッドビーズと合わせても面白いでしょう!?
 
全部1点もので、例えば、サントドミンゴのネックレスは、石をビーズに加工した希少なもの。女性にもお勧めで、きれいめファッションに似合うので、タンタンにぜひ、探しにきてください。何げなく、自分が買って付けているかも。そのときは、ひと声かけてくれたら譲ります (笑)。
  

サントドミンゴ:\15,400→10% OFF \13,860
 

 
 
 
▲Page Top
 

タン ・ブロ 2016年2月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。いよいよ立春、とはいえ寒い毎日が続いていますが、お元気ですか?
さて 2月といえばバレンタインデー!アメ横にはアメリカ製から二木の菓子までチョコレートの種類が豊富にあるから、女性のお客様が多くなる時期なのです。
我らタンタンにとってバレンタインデーといえば、恋人へペアのシルバーを贈る日!そう決めています(笑)。
ぜひタンタンへ、お揃いのシルバーを探しに来て下さい!オシャレなペアリングやペアブレスの種類が豊富です。

  
今回は、20年来タンタンで売れ筋のベストセラー・シルバーを紹介したい。
それは、BLACKEN RICH(ブラッケン・リッチ)ウォッチブレス。Shyueiチーフがタンタンの店頭に初めて立った時…約15年前から、そこそこ売れていたというから凄い!一度身につけると、とことんまでシルバーでキメてやる!というハードなスイッチが入る、この不思議なシルバーについて。まずは、Shyueiチーフから。
 

本物のシルバー好きの本能を揺さぶるハード系ウォッチブレス


ユリ(プレーン)フタ付き:\118,800→10% OFF \10% OFF\106,920
サイズ: ベルトの長さ:215mm/時計:H65mm×W43mm×D22mm
  
ウォッチブレス 各種はこちらをご覧ください!
 
このウォッチブレス、別名はウォッチケース。中に入っている時計はクォーツのデイト。
10気圧の防水付きだから、生活防水機能はバッチリだ。このウォッチブレスの人気に火が付いたのは、自分が気に入った時計と自在に変更ができるということから。
サイズがぴったりだから、ロレックスのメンズタイプと変えることができるのだ。
 
シルバーは、スターリングシルバー (sterling silver)。銀の含有率950 パーミル( 950 パーセント)と重厚な本格派。蓋無しと蓋付きがあるが、最初に蓋無しを購入しても、どうせなら、蓋付きのボリュームあるシルバーをと、買いかえるシルバーファンも多い。
 
ハード系モチーフの代表格、百合の紋章が時計部分の天地と留め金に付いている。その上で、チェーンが3パターン。極太のベルトチェーンなのだが、プレーン、百合粒付き、百合プレート付があるのだ。
 
紋章の百合は、フルール・ド・リスといって、ヨーロッパの紋章や旗に何世紀にもわたって使われている由緒正しいモチーフ。特にフランス王家の象徴だ。それは、16世紀末から18世紀までのフランスを支配したブルボン家に紋章として使われていたことから。
 
ブルボン家とは、あの断頭台の露と消えた、マリーアントワネットの夫、ルイ16世で終焉した王権のこと。フルール・ド・リスは、宗教的には聖三位一体を顕し、特に聖母マリアに受胎告知した大天使ガブリエルを象徴する図像としても使われているという。
 
その百合の紋章がオシャレに進化して、こうしたウォッチブレスとなることで、ハーレー乗りやミュージシャンなどコアなハード系のシルバーファンに身に着けられることが洒落ているし凄いし面白いと思う。Shyueiから、さらに、熱く語りたいSTAFFの優へ。
 

ユリ(プレート)フタ付き:\138,800→10% OFF \124,920
時計をガードして、蓋を開けなければ、ハード系ブレスとして使用できる。


ウォッチブレスはカジュアル感覚に着けてもオシャレなのだ。


最近の細いバングルでは物足りなかった方へ
1個で様になる迫力あるウォッチブレス。
 
探しても案外見つからないのが、オールシルバーのウォッチブレス。輸入ものだと、サイズ調整が難しい。でもタンタンなら、時計の交換もサイズ詰めも店頭でできるから「安心してください!」
 
自分はやせ形だし、バイクに乗らないけれど、蓋付きのブレスは愛用している。店頭にいても時間が分かるし、バシッと目立つしで気分が上がる。カジュアルな服でも、この個性的なウォッチブレスをワンポイントに決めれば、オシャレ感がグレードアップするはずだ。
 
先ほど百合モチーフ3種×蓋付き蓋無しの6種類をチーフが紹介したけれど、あと2種。ハートモチーフ1種×蓋付き蓋無しがある。計8種!ハートは女性的なデザインと思われがちだが、男性が着けても様になるのは、ハートが立体的で、ツタのモチーフが造形的に彫ってあるがゆえ。
 
15年間店頭で売れ続けているこのウォッチブレス。ベストセラーには訳がある。本物のシルバー好きに愛されたのは、ここまでシルバーを沢山使ったバングルはそうはないから。
華奢なバングルではつまらない。タンタンのウォッチブレスで存在感ある男を目指したい。
 
STAFF 優
  

ハート(プレーン)フタ付き:\118,800→10% OFF \10% OFF\106,920男気ハート、ここにあり!


 
 
▲Page Top

タン ・ブロ 2016年1月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。
アメ横は、いい新年を迎えようというお客さんの熱気でムンムン!賑わっています。
「年の瀬にアメ横に行って、お目当ての買い物をして、いい正月を迎える」というのは、単に安いもの珍しいものを探す、ということではなく、立派な「ゲン担ぎ」、福を招くルーティン・ワークなのだ!さあ、これからが本番、いますぐアメ横で福の神に出会ってください。
タンタンでも、イーグルや太陽神や女神さまがてんこ盛りでお待ちしています!

前回のブログでは、本場ニューメキシコ州居留地(リザベーション)にて現地買い付けをした旅のレポートだった。その本気ぶりに驚いたお客さんから、店頭でねぎらいの言葉をかけてもらった…心に沁みる。
我々タンタンを守るスタッフにとって、お客さんにブログを読んでもらうことは、法外な喜びだ。確かにタンタンによる現地買い付けは半端なく過酷だった。これはと閃くインディアンジュエリーや貴石・ターコイズを求め、レンタカーと治安の悪いモーテル宿泊を繰り返して、アルバカーキやギャロップを巡り続けたのだ。
そのすごい成果の数々のなかから、今月は選りすぐってお客様へ届けたい。

ギャロップでごっついバッファローのオブジェ発見。パワーとサイズもアメリカン!
 
今回は、Shyueiチーフと自分がとっておきのアイテムを蔵出しします。


ありえない大きさ!奇跡の
グリーンアンバーを発掘!


 腕にごっついグリーンアンバーバングル:\64,400→10% OFF \57,960
 タテ 4cm
ヨコ 2.4cm
厚み 1.5cm

   
ギャロップへ行ったのもこいつがお目当てだ。
琥珀とは、天然樹脂の化石であり、宝石である。しかも琥珀といえば、茶色系が多い。樹液、樹脂が地中で固化してできるからだ。なかでも、黄色を帯びたあめ色のものには、昆虫(ハエやアブやアリ、クモ)が封じ込めてあるのが透けてみえることがある。
ジュラシックパークの恐竜のDNAは数千万年前に琥珀に閉じ込められていたという設定だったよね。
 
このバングルに加工された貴石は、天地が40mmもある巨大なグリーンアンバーだ!
これは普通なら絶対ありえないこと。
実は、天然の琥珀に高熱と高圧をかけると、極希少な琥珀がこの緑色に変わる素質を持っているということが近年わかった。そして、タンタンは、そうして創られたグリーンアンバーの大きな石がこのニューメキシコ州のギャロップでは見つかることを数年前に掴んでいた。
 
目の肥えたお客さんがいて、これを見かけたら、必ず購入すると決めていると言われたことがあった。本当に珍しいし、次に見つかる保証はないからだ、と。
元来、琥珀は樹木由来であるから、パワーストーンとしても特別な意味がある。
マイナスエネルギーを抜き取り、変わりに心身に酸素のようなプラスのエネルギーを循環させてくれるという。
まして、その琥珀が元々の樹木のような鮮やかな緑色に変化したら…。
しかも、ここまで大きかったら、その循環エネルギーは絶大なはずだ。
 
店頭でぜひ、このバングル以外でも、ペンダントでも見かけたら覗き込んでみてほしい。吸い込まれるようなパワーを感じて清涼な気分になること間違いなし!
でっかい新年のモチベーションアップにつながる招福アイテムなのだ。
  

サイズはグリーンアンバーペンダントヘッドA:\49,400→10% OFF \44,460。
縦 約58mm/ 横 約21mm/厚さ 約18mmとビッグサイズ!

 
ついつい熱くなってしまったShyueiです。お次は優へ。


グリーンのキングマンを
ナジャペンダントで愛でる


KINGMAN ナジャ、ペンダントヘッド グリーン:\54,400→10% OFF \48,960
  
KINGMANターコイズは、アリゾナ州キングマンでとれるターコイズ。ここは銅山として現在も開山しており、採掘量が多い。青い石に黒い線、黄鉄鉱と水晶が混じるのが特徴だ。
 
この黄味が買った水色がたまらない。
鉄分が含まれている融合の産物。シックで複雑な色は、デニムスタイルでも大人な感じにしてくれることだろう。Shyueiチーフと旅を続けるうちに、どことなく昔のアメカジ感覚が自分にも沁みついているようだ。
 
このほかにないデザイン。ナジャは子宮を意味して、家族愛や子孫繁栄といった福を招くデザインということだ。同じくナジャのモチーフで我々が即決したのは下のデザイン。
 
バチカンには幾何学模様のスタンプワーク。同じキングダムターコイズでも、こちらは人気の空の色に黒のマトリックスが冴えている。
 

KINGMAN ナジャペンダントヘッド ブルー:\54,400→10% OFF \48,960
シルバービーズネックレスチェーン:\32,200→10% OFF \28,980

 
組み合わせた存在感のあるビーズネックはいぶし銀。そのオールドテイストはどんなデザインのペンダントヘッドでも、大人の男のイメージにしてくれるから不思議だ。
2つのナジャペンダントヘッドは、ともにアルバカーキで探しあてたもの。
  
帰国途中、アルバカーキ国際空港で、イーグルを追いかけ、ともに飛翔するかのような
ナバホ族の像を発見。我らのターコイズを追いもとめる旅もついに終わった。
 
STAFF 優


 
 
 
▲Page Top

タン ・ブロ 12月号

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。
東京のオールドアメリカ、マニアック・エリアなアメ横は、クリスマス&暮れから正月に続く商戦の真っ只中。ここではアラスカから届いたマグロやいくらを買ってもよし、アメリカ直輸入ものの革やスニーカー、デニムを探してもよし。でも、こだわりのシルバーを探すなら、いつだってタンタン!
鮭を担いで遊びにきてください。

  
今回は、いつもと趣向を変えて、タンタンによるターコイズの本場ニューメキシコ州への買い付け旅行を紹介します。モーテルに泊まりながら、1日150マイル以上、走りに走った・・・と思う。とっておきのターコイズと銀細工を求めて、どこまでも本気なスタッフ魂をみていただきたいです。
  

成田からデンバーへ。アルバカーキへ向かう国内線に乗り換えた。
  
チーフのShyueiと自分の2人でコロラド州のデンバーの空港へ。それから、国内線で、ニューメキシコ州のアルバカーキへ。そこはアメリカ最古の都市サンタフェが近く、アメリカの京都みたいなオールドタウンがある。その後、ルート66やフリーウェイをひた走りながら、ネイティブアメリカンの居留地エリアの中心、ギャラップを目指して走った。
  

アルバカーキからギャロップへのフリーウェイだ。
  
人相も変わるほど、疲れ果てた我らが探すのは、価値あるオンリーワンのターコイズ。
この地には、かつては栄え、いまでは枯渇してしまったターコイズ鉱山の山脈が続く。
 
かつては豊富に掘り出されていたターコイズは、今でもネイティブ・デザイナーや目利きたちによって、手から手へと取引きされている。
今回は、帰国してすぐのShyueiチーフと自分が買い付けの成果を熱々でご報告します!


ターコイズの収穫祭のようなタンタンアパッチブルー降臨!


アパッチブルー:リング\222,400 サイズ♯19
 

立体的な花のモチーフはナバホ族の女性デザイナー作。
 
最近、すごい勢いで探されているターコイズ、アパッチブルーとは、2003年ネバダ州のキャンデラリア山脈で発見された新しい鉱山から獲れたターコイズのことをいう。
 
色や形が様々で、見分けることがなかなかに難しいといわれているアパッチブルー。
でも、この貴石はドンピシャ、アパッチブルーの特長を押さえていた。
 
深く濃いブルーに黒か、または赤茶のマトリックス入り。美しい模様は超一級品の証。ターコイズを際立たせる花のモチーフの台は、ナバホ族の女性デザイナー、マリタ・べナリーの作品だ。
 
アメリカには50州がある。そのうち47番目の州ニューメキシコはインディアンたちが歴史的に文化や経済を発達させた土地だった。インディアン文化とスペイン文化が栄え、いまでも赤土の建物など美しい街並みが残っている。
 
一方、殺人も多い危険地帯だ。泊まっているモーテルでも緊張感でいっぱいだ。でも、こんな見事なアパッチブルーに出会えれば本望ともいえよう。
  

ここは、ターコイズ・トレイルだ。バイカーのメッカでもある。
 
気球の世界大会が開催される街アルバカーキからサンタフェと並行して走るターコイズ・トレイル(ターコイズ街道)へ行ってみた。バイカーが集合するカフェなどもあり、彼らの走りのメッカとなっている。ここに立つと、この道は、どこかに眠っているお宝へときっとつながっているだろう…と思えた。
 
ここは炭鉱の街だ。ターコイズ鉱山が近くにあるため、周辺に住むプエブロ・インディアンがターコイズジュエリーや工芸品を作ったことから、ターコイズ・トレイルと名づけられた。現在では閉山したため、ターコイズは採れなくなっている。特に人気だった、スリーピングビューティも年々枯渇気味だ。今回、このスリーピングビューティに大収穫があったことをご報告しよう。
  

ブレスレット:スリーピングビューティ・サンドキャスト\174,400
  

この半端ないボリューム感!ざらざらして
泥臭い男の魅力ぷんぷんのブレスだ。
 
スリーピングビューティはマトリックスのないライトからミディアムブルーが特徴。この石と相性もバツグンなのが、このオールド加工のサンドキャスト。ボリューム感を落ち着かせ、価値ある逸品へと仕上げている。
 

ギャロップでの買い付けシーン。いまでは、日本人バイヤーが見当たらない (笑)
次は、同行したSTAFFの優へ。


サンドキャストの魅力に開眼いいものは買う!この姿勢


たくさんのターコイズと出会えたが、さあ、何を選ぼうか。
  

ターコイズ・ビーズが半端なく種類豊富。
 
シルバーアクセのメッカであるギャロップではネイティブの作品がたくさん見られた。
自分がいいと思ったのは、この独特なデザインのペンダントだ。
 

ペンダント:ビズビー・サンドキャスト \118,400
 
このペンダントのモチーフは、“ナジャ”風。ナバホ族にとってナジャとは、女性の子宮のことだ。スモーキーなニュアンスをシルバーに醸し出す、砂をまぶしたようなサンドキャスト、いい感じです。
 
その中心には、人気のビズビーターコイズ。
泥臭く存在感のある金茶のマトリックスに、Shyuei先輩は即買い決定。
ビズビーターコイズの殆どは、産出されていた当時は、銅を産出するのに掘り起こした石のくずとして捨てられていたというから驚きだ。
  

赤土でできたショップなどもこまめに見て回った。
 
現地買い付けは、危険地域での冒険旅行でもあった。
空は青く、道は延々と続き、日々寡黙になっていく。
何も言うことはない。
二人のミッションはタンタンの店頭で、ナバホ族のスピリットとオンリーワンのターコイズをお客様に届けること。「いいものは即買い!」精神でひたすら走った旅だった。
  
今回は、アメリカ買い付けの旅と、現地買いのなかから、特におすすめの3点をご紹介させていただいた。
他にもたくさんの掘り出し物があるので、ぜひ、店頭にきてください。
お宝揃いの1品ものばかりなので、売り切れ御免です。
STAFF 優


 
 
 
▲Page Top

タン ・ブロ 11 月号!

タン・ブロの担当、 STAFFの優です。
いま、アメ横にも、渋谷にも海外からのお客さんがたくさん来店してくれます。シルバー好きには国境はないと、日々実感。本物を知るお客さん、ぜひ、タンタンのこだわりの銀細工を見に来てください!

上野店頭で英語や中国語に触れる機会が増えてきた。接客だけではない。買い付けにアメリカへ渡った時には片言でも英語。ナバホ族のデザイナーやシルバースミス(銀細工師)とのやりとりも、英語だから、もどかしい。
 

遊び心でループタイなどつけてみました。特大ループタイ\288,800
  
言葉が通じなくてもハートがあれば、と思う反面、もっと英語をまじめにやっておけばよかったと思う自分です(笑)。日本人のみなさん、そんな自分を応援しに、タンタンへ足を運んでください。
今月は、Shyuei 、Kentaro、Satoshi がシルバーアクセの魅力を発信していきます。
 
WING HANDS伝説のハイビスカス・シリーズが
再リリース! 18金が輝くおまもり・アイテムだ。

”THE AMUEET FOR SURFERS AND LOVERS”の刻印! 「サーフィンを楽しむ人々 また恋愛おまもり」の意味!
   
アメ横のクリスマスは早い。早目にクリスマスで賑わっておかないと、暮れの商戦に出遅れるのだ。さて、皆様、クリスマスプレゼントは決まりましたか?
 
その候補としてタンタンがおすすめしたいのが、このハイビスカス・シリーズ。
ウィングハンズ・ブランドが誕生したころは、1998年バブルの真っ只中。
当時、街を席巻していた陸(おか)サーファーに愛されたアイテムなのだ!
 
当時は、オシャレアイテムや、新しい店や場所、面白そうなカルチャーを皆が夢中で探していた。情報を得るツールは雑誌やテレビくらいだったからだろう。サーファー・ルックも人気だった。
 
そんなストリートの気分を反映して、当時、WING HANDS STREETというシリーズが企画された。その目玉がこれ!ハイビスカス・シリーズだ。メンズがブレスをつけて、レディスがネックレスと指環をつけるというような、こじゃれたペアスタイルを楽しめるからだろう。人気を博した。
 
メンズがこのペンダントを付けることももちろん、おすすめだ。伊達男風になり、それはそれでかっこよかった。イタリアブランドのスーツの白いシャツの胸元でキラッとさせるのだ。もちろん、マリン系のイメージだから、サーファースタイルには見事にはまった。
  
中央のハイビスカスが18金。その周りに「ねじり線」をロウ付けし、恋人たちへのメッセージが大きく刻印してある。南国の浜辺に咲くハイビスカスの花言葉は「新しい恋」。だから、サーファーたちは、この花を愛し、恋人の髪にさしてあげるのだ。恋が始まったばかりのマニアックな(笑)恋人たちへ!クリスマスはアメ横へデートに来てください。この、ハイビスカス・シリーズ、サイズ合わせは無料です(笑)!
  

WHS HB03 バングル:\33,800→10% OFF \30,420WHS HB01 ペンダントヘッド:\35,800→10% OFF \23,220
WHS HB02 リング:\15,900→10% OFF \14,310% OFF
 
次はフェザー情報、デザイナーのKentaroへ。
   
ヘッドチーフ  Shyuei


NEWイーグルフェザーセットで胸元に特大のラッキーを呼び込もう!


NEW イーグルフェザーセット(チェーン込み)¥316,300→10% OFF ¥264,670
  
WING HANDS渾身のイーグルが新たに飛翔のときを迎えた。
ネイティブ・アメリカンモチーフの代表格「イーグル」。ナバホ族では、一番高く空を飛ぶ鳥であることから「神」に一番近い存在とされ、人の願いを神に届ける役割を持つと言われている。
 
ウィングハンズ・フェザーの中心的なモチーフであるが、シルバー・スミスの手によって、今にも飛び立ちそうな躍動感あるイーグルへと生まれ変わったのだ。
イーグルの輝く10金のへッド部と8枚のフェザーのうち、3枚が10金。なかでもハートフェザーには、ターコイズをワンポイントにあしらっている。
 
ターコイズは、現状の困難を乗り越えて、前に進む勇気や情熱を呼び覚ましてくれる超ラッキーな貴石。
さらに、戦士が身に着けることを好んだように、守護のパワーをが強く、邪気をそらし、持つ人を厄災から守ってくれるというのだ。紀元前より愛されたターコイズは、このイーグルセットをさらに高みに引き上げてくれる。
 

店頭では、自分のオリジナルフェザーセットを作ることができるから、
気軽にスタッフに注文してほしい。
  
最近では、キムタクがステージでイーグルセットを胸元に付けているのをテレビでみた。大人の男が豪華なイーグルをつけていると、その本物のカジュアル感が半端なくカッコイイ。
キムタクすげえ、と初めて思ってしまった瞬間だった(笑)。
自分へのクリスマスプレゼントにおススメの逸品だ!
 
次は、モダンなアイテムを紹介、デザイナーSatoshiへ。
 
デザイナーKentaro


WING HAND Rock&BikersのジャンルにARMADA(無敵艦隊)の大人クロスあり!


ARMADA(アルマダ)The Cross&Lily Pendant 
各\32,800(左:ブラック・ジルコニア、右:クリア・ジルコニア)
 
大人のクリスマスといえば、クロスでしょう。今年は景気良く、煌き感とこだわり感が満載の、アルマダのクロスがおすすめ。
ARMADA(アルマダ)とは、無敵艦隊の意味。世界的にも、簡単に追いつけないデザインであることを誇り、デザイン名に冠した。
  
百合の紋章をクロスに設置してある。クロスは真ん中高でピラミッド型にカッティングした。そのサイドには、百合に向かってアシンメトリーに石を埋め込んであることに注視してほしい。
 
石は人工ダイヤである、ブラック・ジルコニアとクリア・ジルコニアの2タイプ。
グラデーションに煌いて、ゴージャス感がたっぷりだ!
人呼んで、バブリーな大人クロス。店頭で魅せられて購入を決めてくれるお客さんも多い。
  

ブラックとクリアのジルコニアが交互に埋め込まれて半端なく輝く!
 
遊び心に満ちた、強めのデザインは、この秋冬、お薦めのデザイン。
前に進む男たちには、このクロスを胸に。同じシリーズの指輪は彼らが愛する女たちに捧げたい。クリスマスへ向けて、盛り上がっていきましょう!
 
デザイナーSatoshi


 
 
 
▲Page Top